光と見紛う美しさ

どこへ行くときにも、どんなときでも、一歩外に出ればたいてい、車道をクルマが走っています。田舎の山道でだって、1台も走らない日というのはないでしょう、多分。
夜でもどこかしらでビューンと車体が風を切り、キュキュっとタイヤがアスファルトをこする音がかすかに聞こえてきます。
高いビルの上から地上を見下ろしてみると、まるで光が走っているみたいに、夜の街をクルマが行き交っているのが見えるわけです。

その光のような輝きは、ライトによるものだけじゃなしに、車体やタイヤのアルミホイールといった、外に向かった金属部分が綺麗に形づくられているところに理由があります。
車体もアルミホイールも、適切に磨き上げられて初めて、あの美しい輝きを生むのです。
たとえばクルマに傷が付いてしまったり、一部が凹んでしまったりしたら、アルミホイールの場合はアルミホイールリペアといって、それを直す作業が行われます。
車体の場合には、板金塗装や、今ではデントリペアという方法もあります。

板金塗装というのはその名の通り塗装であるわけですが、「板金塗装=車体のペイント」というわけではありません。
一方、デントリペアというのは……「デントリペア」というカタカナ言葉だけじゃよく分からないかもしれないですね。

……と、書いてきたところを読んでみるとお分かりのように、今回のテーマはクルマの輝きを生みまたそれを再生させ、保つために行われる板金塗装やデントリペアという技術について、です。

おすすめサイト