施術用のベッドなら身体に負担をかけることもありません。

マッサージを行うためにかかせない製品の効果

施術用のもの

施術ベッドについての説明

施術ベッドは、マッサージ、スポーツトレーニング、エステ、整体など幅広く使用されています。 用途によって、その種類も多く、サイズも同様に多くのバリエーションがあります。 施術される側から見た場合と施術する側から見た場合の違いもあることから、施術ベッドで最も望ましいタイプがどれかは一概に決められません。 サイズにしても、幅、長さ、高さが基本的な要素ですが、指圧や整体のように施術者が上から圧力をかける場合とエステのように横方向への流れを重視する場合があり、適したサイズが異なります。 また、用途によってヘッドレスト取付タイプの施術ベッドが望ましいケースもあります。 施術ベッドの具体的な導入目的に合わせた選択と施術する専門家が快適に利用できるものを選ぶことが重要です。

施術に適したベッドを選択するには

一般的に、指圧や整体、スポーツトレーナーのために使用される場合は、快適性よりも機能性やサイズ(巾、長さ、高さ)に重きが置かれることが多いようです。 その一方、アロマやエステの場合、高級感が求められる業態であることも影響し、快適性や多機能、材質なども重要になってきます。 木製か金属製か、国産か外国製か、リクライニング機能や電動機能など、細かい違いが存在することから、利用目的に合わせると同時に、施術内容やサービスの種類と価格によっても、選択する施術ベッドが異なります。 特に、エステやセラピーで使用される場合は、施術ベッドそのものが、お客様の評判に直結する場合があります。また、新しい施術ベッドを導入することで集客に結び付くこともあります。 したがって、導入目的を明確にしたうえで、最も適切な選択をすることが極めて重要だと言えます。