施術用のベッドなら身体に負担をかけることもありません。

マッサージを行うためにかかせない製品の効果

介護を考える

思いやりの介護リフォーム

転倒など思わぬ事故を防ぐために、介護の為のリフォームで注意点がいくつかあります。 介護の為のリフォームでまず一番最初に段差をなるべくなくします、特に夜間、移動する頻度のあるトイレまでの動線はバリアフリー化をする事が重要です。どうしても段差の解消が出来ない場合は滑りにくい素材でリフォームを行うことが良いです。よく使う動線では、車椅子が通れる幅をとる事が重要です。 出入り口は引き戸だと、体の移動が少なくて済みます。 手すりも重要で片方だけの設置ではなく、両側に設置することが理想的です。片方しか付けられない場合、利き腕側に設置します。階段・廊下・トイレ・浴室など将来手すりが必要であると思われる所は、壁を補強して作っておくと後で設置が楽になります。 介護の為のリフォームは必ずケアマネージャー(介護支援専門員)に相談・確認をしてください。

介護に適したリフォームとはなにか

家族の中の誰かが要介護状態になった場合、介護に対応したリフォームが必要になる場合があります。 介護用ベットを使用する場合でも、寝たきりにならないよう、起き上がったり移動したりすることが望ましいです。この時、患者にとってまわりの障害物が危険にならないよう、ベッド周りのスペースが広く取れるようなリフォームが必要になります。 また、ある程度体を動かすことができる方の場合でも、トイレでの自力排泄はスペースが狭く、難しいことがあります。このような場合には、トイレに介護用のバーを取り付けるなどのリフォームが効果的です。また、同じような水まわりの箇所としてお風呂場があります。洗い場と浴槽の段差を小さくする、浴槽の回りに補助用のバーを取り付ける、などのリフォームが有効となります。 さらに、車椅子が必要な場合には、玄関の段差をなくしてスロープにするなどの大掛かりなリフォームが必要になってきます。