施術用のベッドなら身体に負担をかけることもありません。

マッサージを行うためにかかせない製品の効果

作業を行なう

バリアフリーリフォームする際の注意点

バリアフリーへとリフォームする際には、そのリフォームが本当に必要かどうかを考える必要があります。バリアフリーリフォームは、床の段差の解消やドアを引き戸にする、手すりの取り付けなどの簡単なものから廊下を広げたりする大掛かりなものまであります。大掛かりな工事を行っても、実際には不要になったり、かえって邪魔になるケースもあります。 床の段差は、車椅子の通行にも邪魔になりますが、高齢者や小さな子供、妊娠中の女性にとっても危険になります。そのため、段差解消のバリアフリーリフォームは、年齢に関係なく安全に暮らすために必要な工事となります。このように、家族全員が安全に暮らすことを念頭に置いて考える必要があります。

バリアフリーリフォームの工事には、取り付けるだけの簡単な工事から大掛かりな工事まで様々あります。一般的な戸建の相場としては、100万円から200万円前後が多いですが、バリアフリーリフォームは、オーダメイドと同じように、施工内容や家屋の状況によって必要な費用が異なります。改修内容としては、段差をなくす、手すりをつける、ヒートショック対策、すべらない床材に替えるなどが多いです。 そのため、急に介護の必要性が出た場合でなければ、一気にバリアフリー化を進めなくても気になるところから手をつけていく方法もあります。リフォームには、金銭的にも体力的にも負担がかかるため、余裕のあるうちに改修したほうがよいとされています。